増毛 お試し

増毛か植毛どちらが良いのか?

増毛とは、自分の髪の1本1本に、複数本の人工毛髪をむすびつけて、人工的に髪をボリュームアップすることです。
最近では、人工毛を植え付けた透明な糸を髪と髪の間に結ぶ方法もあります。
植毛やカツラに比べて、比較的リーズナブルな価格で試すことができるようですね。
また、自分の理想のボリューム感をだすこともできます。
さらに、カツラよりも自然な仕上がりで、髪の薄い部分を隠すことが可能です。
そのため、特別なイベントの時に試すのにはぴったりなのです。
増毛は、人工毛を結んだ自分の髪の毛が伸びたら、頭皮から人工毛が不自然に浮いてしまます。
そのため、髪が伸びる速度にあわせて月1~2回の定期的なメンテナンスが必要です。
さらに、1本1本、人工毛を結ぶ緻密な手作業で行われるため、定期的にメンテナンスのための費用がかかってしまいます。
また、自分の髪が抜けてしまうと、増毛した人工毛も抜け落ちてしまうこともあります。
増毛も、利点と欠点をよく踏まえ、自分の理想のヘアスタイルとライフスタイルと照らし合わせて行うことが大切となります。

増毛の利点と欠点について


増毛の利点

●人工毛を自分の髪に結びつけるため、理想のボリューム感をだせる
●その日から薄毛をカバーできる
●カツラや植毛よりも初期費用はリーズナブル

増毛の欠点

●人工毛を結びつけた自分の髪が伸びたらメンテナンスが必要
●自分の髪が抜けたら、増毛した人工毛も一緒に抜けてしまう
●自分の髪が増毛できるくらい残っていることが大前提

植毛の場合は?

植毛した髪が定着したらメンテナンスの必要もなし!
自分の髪として生えてくるため希望が持てます!


増毛が大変なのは、何よりメンテナンスです。
1本1本に、人工毛を結びつけていくために専門家によるケアが必要です。
また、自分の髪が伸びると、増毛した部分が頭皮から浮くため、それを防ぐ時間と費用も必要です。
その点、植毛は、1度手術して植毛を行い、自分の毛として定着すれば、自分の髪として伸びてくるのでうれしいところ。
また、植毛技術は、年々上がっていて、安全性も上がり、アメリカでは年間90万人の人が植毛にトライしているとも言われています。
しかし、植毛できる程度の髪の毛が残っていることが大前提の技術です。
植毛は医療行為です。髪の定着率には個人差もありますので、トライする場合は、必ず専門家のカウンセリングを受け、納得してから始めることが理想的です。

増毛ガイド

  • 増毛のお試し体験をしてみよう/TOP
  • 増毛剤のメリットとデメリット
  • 薄毛や脱毛におすすめする増毛剤
  • 増毛サロンの選び方
  • 増毛か植毛どちらが良いのか?
  • 髪を増やしたい方へ

    育毛剤の信憑性を徹底的に調査した「育毛剤 信憑性ランキング」サイトもおすすめです。育毛剤の白黒が分かります。

    タグ

    増毛剤 育毛剤 お試し増毛剤 薄毛 脱毛
    おすすめ増毛剤 抜け毛